俺が処女を失った時の話をする

1 :以下、VIPがお送りします:2018/04/18(水) 19:36:41.85 ID:fnywaPlr0
といっても、つい最近の出来事だが。
まぁ、書き溜めたので、ホモォな展開が好きな奴は読んでくれ。
ちなみにほぼ100%実話です。

118 :以下、VIPがお送りします:2018/05/05(土) 08:09:29.62 ID:kbHmcbJO0

オジサン「本当に入るんですか?」
パパ「ほぐしてるから大丈夫だよ。ケンジくんの穴はキツすぎず緩すぎず最高だよ♪」
ローションを穴に塗りながらパパは言った。

30 :以下、VIPがお送りします:2018/04/18(水) 19:58:40.42 ID:fnywaPlr0

そして後からシンゴさんの熱い物が入ってきた。
あっけなく奥まで入った。
そしてガンガン突き上げてくる。
俺「あっあっあっ!」
シンゴさんのピストンに合わせて声が出る。
シンゴ「皆にも観てもらおうね」
シンゴさんはそう言うと、カーテンをシャッと開けた。

66 :以下、VIPがお送りします:2018/05/02(水) 19:30:48.77 ID:KfBejCJ6F

フェラをしっかりオジサンに見せたいんだろうなと思った。
俺はゆっくりとパパに近づくと正面からハグをした。

126 :以下、VIPがお送りします:2018/05/05(土) 08:13:31.94 ID:kbHmcbJO0

抵抗してこない。
少しずつキスが濃厚になっていく。
俺は軽くオジサンの口へ舌を入れた。
オジサンがそれに応える。

108 :以下、VIPがお送りします:2018/05/05(土) 08:04:41.64 ID:kbHmcbJO0

オジサン「うっわ・・凄い・・」
俺「あははwまだまだこれからですよー」
オジサンのペニスを口に含む。

117 :以下、VIPがお送りします:2018/05/05(土) 08:09:01.89 ID:kbHmcbJO0

パパがベット下の方でゴソゴソなにかしている。
ゴムとローションの準備だ。
パパ「さ、ケンジくん。一つになろうか」

102 :以下、VIPがお送りします:2018/05/05(土) 08:02:04.96 ID:kbHmcbJO0

パパ「じゃ、僕が浮気しない様に・・満足させてね?」
キスをする。舌を絡める。
しばらくキスをしていると、オジサンが部屋に入ってきた。

133 :以下、VIPがお送りします:2018/05/05(土) 08:16:35.66 ID:kbHmcbJO0

ペニスが挿ってくる。
パパ「激しくいくからね♪」
ぐちゅ!ぬちゅ!
宣言通りピストンが早まる。

155 :以下、VIPがお送りします:2018/05/05(土) 08:25:46.95 ID:kbHmcbJO0

その後、オジサンと一緒にシャワーを浴びた。
浴びてる最中もキスしたり、軽くフェラもした。
シャワー浴びながらハグをして・・
俺「ね・・またエッチしようね?」
オジサン「本当に最高でした。またお願いします・・」
そんな会話をした。

99 :以下、VIPがお送りします:2018/05/05(土) 08:00:56.54 ID:kbHmcbJO0

1です。
さー 後半戦始めるよー

77 :以下、VIPがお送りします:2018/05/02(水) 19:35:33.75 ID:KfBejCJ6F

そしてパパは後ろから俺に抱きつくと、
右手で俺のペニスをしごきはじめた。
俺のケツにはパパの熱いのが当たっている。

152 :以下、VIPがお送りします:2018/05/05(土) 08:24:29.60 ID:kbHmcbJO0

ピストンがさらに早まる。
オジサン「もうイきます!」
ペニスをさらに奥まで突っ込み、オジサンの身体がビクッビクッとなった。
オジサンはペニスを引き抜き、ゴムを外した。
たっぷり精子が入っている。

83 :以下、VIPがお送りします:2018/05/02(水) 19:38:15.71 ID:KfBejCJ6F

俺の口がオジサンの右耳に近くなった。
内緒話をする様な距離だ。
オジサンの耳元で喘ぐ。
そして俺は呟いた。

27 :以下、VIPがお送りします:2018/04/18(水) 19:56:56.77 ID:fnywaPlr0

指で触ると本当に半分程入っている。
全然痛くない。
そして・・完全にシンゴさんと繋がった。
俺「・・・・・!!」
声にならない声。
快感は・・どうだろう。あまりない。
むしろ苦しい感じだ。
ただ、男にペニスを入れられているという事実がどうしようもなく興奮させた。

147 :以下、VIPがお送りします:2018/05/05(土) 08:22:30.35 ID:kbHmcbJO0

とにかく脱力してボーっとする。
パパが・・ニヤリとした。
俺「・・・・・!!!???」
パパがキスしてきた。

160 :以下、VIPがお送りします:2018/05/07(月) 17:56:22.70 ID:+e5qHuc7p

次はよ

103 :以下、VIPがお送りします:2018/05/05(土) 08:02:34.25 ID:kbHmcbJO0

・・・・・なんで服着てんだよ。
どーせ脱ぐだろ。
オジサン「お待たせしました」
俺「じゃ、服ぎましょうね♪」
俺ノリノリ。

20 :以下、VIPがお送りします:2018/04/18(水) 19:53:14.55 ID:fnywaPlr0

しかも最初から全力のディープキスだ。
俺「!!!」
物凄い勢いで舌を絡めてくる。
シンゴさんの右手は俺のペニスをしごいている。
俺が守るべき純潔の一つはあっけなく奪われた。
不思議と・・嫌じゃない。
男のキスの感触も女とほとんど変わらないことを知った。
俺も思わず舌を絡める。

124 :以下、VIPがお送りします:2018/05/05(土) 08:12:39.90 ID:kbHmcbJO0

パパ「ほらほら、サボってないで」
オジサン「あ、そうでした・・」
再びオジサンが俺の乳首を舐める。

44 :以下、VIPがお送りします:2018/04/26(木) 18:11:57.18 ID:LJa2dWbgm

カオス

31 :以下、VIPがお送りします:2018/04/18(水) 19:59:08.19 ID:fnywaPlr0

俺「ダメ!外に見えちゃう!」
シンゴ「見せてあげようよ。僕たちが気持ちよくなってるところ♪」
外は夜だし、人通りはほとんど無いハズだ。
でも恥ずかしさでおかしくなりそうだ。

64 :以下、VIPがお送りします:2018/05/02(水) 19:29:42.22 ID:KfBejCJ6F

チラっとオジサンを見ると、目を見開いてパパのペニスを凝視していた。
確かに生で他人のフルボッキチンポ見る機会はあまりないだろうからな。
ましてや会社の先輩のフルボッキチンポw
そりゃ「おお」ってなるわ。

95 :以下、VIPがお送りします:2018/05/03(木) 19:36:38.70 ID:2LIQfWPix

待てんよ早よ!!

128 :以下、VIPがお送りします:2018/05/05(土) 08:14:33.26 ID:kbHmcbJO0

パパ「さ、次がバックね」
俺を四つんばいにさせ、ペニスを挿入してきた。
気づくと目の前でオジサンが膝立ちになっている。
ビンビンのペニスを俺の口に入れてきた。

4 :以下、VIPがお送りします:2018/04/18(水) 19:40:11.12 ID:fnywaPlr0

そんなこんなで充実したしゃぶりライフを楽しんでいたワケだ。

そしてここからが本題。
つい先日の話になる。

62 :以下、VIPがお送りします:2018/05/02(水) 19:28:58.51 ID:KfBejCJ6F

既に部屋は常夜灯。パパは服を着た状態でベットの上に座っていた。
オジサンはベット近くで相変わらず椅子に座っていた。
パパ「じゃ、始めようか♪」

114 :以下、VIPがお送りします:2018/05/05(土) 08:07:28.84 ID:kbHmcbJO0

オジサンはゆっくりと俺の乳首を舐め始めた。
皆さん。3Pネコ役やってみたらいいですよ。
凄いんです。快感が。
なんて言うか・・逃げ場が無い。

60 :以下、VIPがお送りします:2018/05/02(水) 19:27:59.19 ID:KfBejCJ6F

仕事帰りというのもあって、ノンビリしている時間があまり無い。
俺「さて、そろそろシャワー借りますねー」
もう浴室の場所もタオルの場所もバッチリ把握しているので手早くシャワーを浴びる。

101 :以下、VIPがお送りします:2018/05/05(土) 08:01:42.53 ID:kbHmcbJO0

パパ「3P楽しそうだけど、ケンジくんとられちゃうみたいでヤだなーw」
俺「オジサンのSEXが気持ちよかったら浮気しちゃうかもねー♪」
パパ「だめだめ!ケンジくんのチンコとお尻は僕のものなんだから!」
俺は馬乗りになり、パパに倒れこんだ。

72 :以下、VIPがお送りします:2018/05/02(水) 19:33:15.39 ID:KfBejCJ6F

そして舌で亀頭の先端をペロッと舐めた。
パパが反応する。
そしてカリをゆっくりと舐め回す。
しばらくカリをペロペロし、チラっとオジサンを見た。

56 :以下、VIPがお送りします:2018/05/02(水) 19:25:37.26 ID:KfBejCJ6F

一回目のカーテン開けられた時、恥ずかしさと興奮でヤバかったのを覚えていた。
近くで観られたら相当興奮するんじゃないかと思ったのでOKにした。
そして仕事帰りにパパの部屋に車で行った。

110 :以下、VIPがお送りします:2018/05/05(土) 08:05:31.72 ID:kbHmcbJO0

俺は舌先でカリの裏をペロペロさせながら上目遣いで
俺「そうでしょ?男のフェラの方が女より気持ちいいんだよ?」
そしてまた口に含む。

157 :以下、VIPがお送りします:2018/05/05(土) 08:26:30.13 ID:kbHmcbJO0

また3Pできたらいいなー。
需要があれば、また体験談書きます。
その時は新スレで。
さぁ君たちもホモSEXにレッツトライだ!

それではまた

85 :以下、VIPがお送りします:2018/05/02(水) 19:39:18.11 ID:KfBejCJ6F

エロモード最高潮の俺はもう止まらない。
俺は右手をオジサンの股間の上に置いた。
・・・やはりギンギンに硬くなっている。

54 :以下、VIPがお送りします:2018/05/02(水) 19:24:28.94 ID:KfBejCJ6F

「実は、見学したいって人がいるんだけど。」
・・・これにはビックリした。
ホモSEXを見学ですか。
観て楽しいんスか。
その後数回のメールのやりとりをまとめると、
ホモSEXに興味があるがヤルのは抵抗がある。だったら一回見学したらいーじゃない。
ってことらしい。

18 :以下、VIPがお送りします:2018/04/18(水) 19:52:11.88 ID:fnywaPlr0

後からシンゴさんが抱き付いてくる。
シンゴ「とってもかわいいよ・・」
と言って、後から俺の乳首を攻めてくる。
シンゴさんの右手は俺の乳首、そして左手は俺のペニスを攻め始めた。
俺「あぁぁ」
快感の波が押し寄せる。
俺の尻にはシンゴさんの固い物が当たっている。

29 :以下、VIPがお送りします:2018/04/18(水) 19:58:19.34 ID:fnywaPlr0

やはり痛みはない。
ただ、奥まで入れられるとググっと苦しくなる。
これがいつか快感に変わるのだろうか・・?
そんなことを考えていると・・シンゴ「立ってごらん」
俺を立たせ、窓際に両手を付かせた。

148 :以下、VIPがお送りします:2018/05/05(土) 08:23:03.37 ID:kbHmcbJO0

俺の精子を流し込んでくる。
パパ「ケンジくんに返すよ・・・」
精子まみれの舌を絡める。
ぐちゅ・・・・にゅちゅる・・・
気持ち悪・・・くはなかった。

131 :以下、VIPがお送りします:2018/05/05(土) 08:15:49.47 ID:kbHmcbJO0

俺「ん!・・・ん!・・・んはぁ!」
おもわずフェラを止め、俺は倒れこんだ。
パパのペニスも穴から抜けた。
身体がビクンビクンと震えた。

37 :以下、VIPがお送りします:2018/04/18(水) 20:01:28.04 ID:fnywaPlr0

全てが終わった後・・
俺「僕の処女・・パパが奪ったんだから責任とってね・・?」
シンゴ「いつでも犯してあげるからね・・」

そしてまたキスをした。

122 :以下、VIPがお送りします:2018/05/05(土) 08:11:40.55 ID:kbHmcbJO0

実を言うと、まだアナルSEXで快感は少ない。
“入れられている”という行為に興奮しているだけだ。
それでも入れられていると、どうしようもなく相手が愛おしくなってくる。

10 :以下、VIPがお送りします:2018/04/18(水) 19:46:44.47 ID:fnywaPlr0

そして10分程でアパートに着いた。

部屋に入って驚いたのが、60近い男性の一人暮らしの部屋にしては
凄く綺麗だったことだ。
まずはシャワーを借りることにした。
「タオルはこれ使ってね」「ボディソープはこれね」
色々手際よく準備してくれる。

52 :以下、VIPがお送りします:2018/05/02(水) 19:23:03.29 ID:KfBejCJ6F

2回目会ってからしばらくしてパパからメールが来た。
「えっちな事またしたいです!」
実に簡単なメールだが、男同士のメールなんてそんなもんだ。
ましてや、パパとは身体だけの関係だし、名前すら知らない。
とりあえず、二つ返事でOKした。

94 :以下、VIPがお送りします:2018/05/03(木) 14:22:35.94 ID:WNi+f1i1t

早くしてくれ‾ ‾

94 :以下、VIPがお送りします:2018/05/03(木) 14:22:35.94 ID:WNi+f1i1t

早くしてくれ‾ ‾

145 :以下、VIPがお送りします:2018/05/05(土) 08:21:37.95 ID:kbHmcbJO0

俺「ん!・・・ダメ!!」
びゅるる!
パパの口の中へ射精してしまった。
オジサンのピストンが一旦止まる。
パパが俺のペニスから離れる。

17 :以下、VIPがお送りします:2018/04/18(水) 19:51:43.23 ID:fnywaPlr0

俺は竿の根元に舌を這わせ、ゆっくりと先端へ向かって進んで行く。
カリの辺りでシンゴさんはビクッとなった。
ゆっくりとカリの周りを舐めていく。
シンゴ「立ってくれる・・?」
シンゴさんはそう言うと俺を立たせて後ろ向きにさせた。

162 :以下、VIPがお送りします:2018/05/11(金) 08:39:05.79 ID:9gbqg02nV

土日で書き上げろ
誘導もしっかりしろ
お前はできる奴だと信じているぞ

53 :以下、VIPがお送りします:2018/05/02(水) 19:23:45.78 ID:KfBejCJ6F

平日仕事帰りにパパの部屋に行くことにした。
今回は実は不安だった。
一回目、二回目は飲んだ後だったので開放的でエロ全開だったが、
今回はシラフ。
どーなることやら・・と思っていると夕方頃またパパからメールが来た。

25 :以下、VIPがお送りします:2018/04/18(水) 19:56:10.22 ID:fnywaPlr0

今でもハッキリ覚えてる。
本当に俺の中で二つの人格が戦っていた。
俺A(おい!ケツ犯られるぞ!絶対ダメだろ!?)
俺B(パパァ・・来て・・来て・・僕を気持ちよくさせて・・)
・・・
酒って怖いね。目先の快感と冒険心には勝てないよね。
俺Aあっけなく敗北。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク